メイン画像

何年か前は仕事の雇われ方と言えば正社員がベストと考えられていました

何年か前は、仕事の雇われ方と言えば正社員がベストと考えられていました。しかし、今は不況が長引き正社員の新規採用はめったになく異なる雇用様式をチョイスする人が増加傾向にあります。正社員じゃない雇用タイプといえば、契約社員・派遣社員・パートアルバイトがありますね。それぞれ良い所と悪い点あって、自分がどういう形で働きたいかをしっかり考え、自分の生活スタイルに合致した働く方法をセレクトして効率的に仕事をすることが一番望むべきと考えます。

パソコンで事務仕事を行うOA事務で期待されるOAスキルはどの程度のものなのでしょうか。OAの事務にはマイクロソフトのWordとExcelが使われることが多いですね。よってOAでの事務を希望する場合はWordとExcelは必須のスキルと言えるでしょう。また、プレゼンのソフトであるPowerpointやデーターベースソフトのAccessが操作できるのであると必然的に仕事を選択する際の選べる幅が広がってくると言えるでしょう。

正社員で働いている時は、社会保険に加入している人が大勢いると思います。社会保険の中でも健康保険に入る利点とは何なのでしょうか。まず第一に国民健康保険と異なるのは料金でしょう。社会保険ならば、会社が掛け金の半分を負担しますが、国保は全て自己負担になってしまいます。またさらに社保は出産の手当てや傷病手当などが付きます。扶養義務のある家族がいるならば、家族の分は保険料金がいりません。毎月の支払いになるので、社会保険が完備されているのかどうかは、仕事選びの重要なポイントになってくるかもしれません。